セールス向けのクラウドサービス「SFA」がなぜ必要なのか。 その理由と選定方法

子宮頸がんって何?

子宮がんは、主にがんができる場所によって子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。このうち子宮頸がんとは子宮の入口近くにできるがんです。子宮頸がんになる人は20歳代後半から増加し、30歳代後半~40歳代が多くなります。初期の段階ではほとんどが無症状のため、検診による早期発見が大切です。

子宮頸がん検診って何?

子宮頸がん検診は、子宮頸がんを早期発見することを目的とし、死亡率を減らすことが証明されている検診です。
検診の対象年齢と受診間隔

・子宮頸がん検診は、20歳から対象です。
・2年に一度、定期的に受診してください。

子宮頸がんは早期に発見できれば治療負担も軽く、妊娠や出産も可能です。

検診の内容

・問診・視診・内診・細胞診(専用のブラシを用いて子宮頸部の細胞をこすって採取し、顕微鏡で調べます)

検診が受けられる場所

・お住まいの区市町村が実施する住民検診
・職場での検診
・人間ドックなど