セールス向けクラウドサービス「リミックス クラウド」の特長と口コミまとめ

「リミックスクラウド」は、ソフトブレーン株式会社が提供するクラウド型のCRM/SFA(営業支援システム)です。この記事では、リミックスクラウドの特長と導入企業の口コミについて詳しく調べてみました。営業支援システム導入にご興味のある方はぜひご一読ください。

リミックス クラウドとはどんなクラウドサービスなのか

eセールスマネージャー「リミックスクラウド(Remix Cloud)」は、ソフトブレーン株式会社が提供するCRM/SFA(営業支援システム)です。同社は営業イノベーション事業を主軸としており、「eセールスマネージャー」は1999年に誕生しました。「労働時間削減」と「売上増加」を実現し、生産性を最大化するための営業支援ツールとして、5,000社を超える企業で導入実績があります。

それでは、リミックスクラウドの強み【4つ】をご紹介いたします。

  1. 営業現場で使いやすく、定着しやすい。
    次の訪問先の情報確認や活動報告は、スマートフォンからワンクリック・入力で完了。時間にすると1,2分です。入力するだけで、タイムライン・スケジュール・商談リストなどのアウトプットに自動反映されます。売り上げに直結する営業活動データをいつでも簡単に入力できることで、顧客に関係するデータが自動的に蓄積されていきます。営業現場で使いやすいシステムなので、営業組織にも定着がしやすくなります。
  2. 改善点が見えるので、マネジメントしやすい。
    集客から受注までのすべての営業プロセスを「見える化」できるので、部下がどのプロセスでつまずきやすいのか、チームの課題がどこにあるのかが一目瞭然です。何となくのマネジメントから科学的なマネジメントができるようになるため、営業活動のPDCAサイクルを高速回転できるようになり、営業力・組織力向上を実現できます。
  3. 5,000社超の導入実績による蓄積されたノウハウ。
    リミックスクラウドは、1999年に販売開始以来、様々な業種業態・規模の企業の営業改革を支援してきました。これにより多くの成功・失敗事例が蓄積されています。どう使えば結果を出せるか、そのノウハウを提供することが可能です。
  4. 定着率96%の実績
    リミックスクラウドには、定着・活用促進を専任に活動する「顧客アドバイザー」が個別でつきます。システム導入後、自社内で営業活動のPDCAサイクルが回り、結果を出せるようになるまでしっかりサポートを行います。このサポートにより、定着率96%の実績を創出しています。

次に導入コストを見てみましょう。【1ユーザーあたりの月額料金】は下記のとおりです。

  • スタンダード:6,000円~
  • ナレッジシェア 閲覧のみ:2,000円~
  • スケジュールシェア(グループウェアのみ):1,000円~

顧客ごとにカスタマイズされた設定を行っているので、無駄のない料金体系となっています。

リミックス クラウドを使った人の口コミ

それでは、リミックスクラウドを実際に導入した企業の口コミを見てみましょう。

  • 農業関連団体(従業員数:約9,900名)
    当組合は、農業関連グループの経済事業を担う団体です。日本全国の「地域農業の担い手(担い手農家)」のもとへ出向く活動を展開しています。
    これまで、「商品を販売する」営業ではなく「顧客を知る」活動を行った経験がないため、関連するノウハウと仕組みがありませんでした。そこで、担い手のニーズや課題を知るために出向く体制を構築することと、得られた情報や提供した内容を記録・蓄積・共有化していくツールが必要となり、リミックスクラウドを導入しました。

    導入の決め手となったのは、次のポイントです。

    • 顧客情報を活動の中で管理・更新できる。
    • 求められる営業活動を担当が自己管理できる。
    • プロセスマネジメントの思想が徹底している。
    • 実績のあるパッケージソフトである。

    また、コンサルティング内容やユーザー定着支援の提案も高く評価しました。

    導入後は、担い手一人ひとりの声がデータとしてきちんと「見える化」されるようになり、担い手が抱えている要望や意見を定量的に把握できるようになりました。こうした情報を分析し、顧客情報として管理できるようになったことで、担い手を「ビジネスパートナー」と呼べる環境が整いつつあります。
    また、1カ月に1万数千件の面談情報が入力されますので、作物別・地域別のニーズや課題を具体的に把握することが可能になりました。情報は常にリアルタイムで、全ての利用者が共有できます。今後は、利用者を2,100名から4,000名まで増やし、さらに担い手のネットワークを拡大していきたいです。

リミックス クラウドは他のサービスと連携できる?

リミックスクラウドは、以下の他システムとのデータ連携が可能です。
●マーケティング

  • マーケティングオートメーション(MA)ツール

●インサイドセールス・フィールドセールス

  • 名刺管理Snap Scan、地図機能Google map、手書き入力ツール
  • 各種グループウェアやGoogleカレンダーなどのスケジュール管理ツール
  • 取引先登録申請・見積もり申請などのワークフローシステム
  • ドキュメント共有を行うストレージサービス

●経営・幹部向け

  • Tableauなどの各種ビジネスインテリジェンス(BI)

●コールセンター向け 

  • 電話問い合わせCTI

● 総務・人事向け

  • 福利厚生サービス、Pepper受付システム、経費精算システム

既存システムのデータを活かした運用や部門ごとに分断していたシステムのデータをつなげ、一元管理することができます。営業活動以外のシーンでも多くの連携機能があり、労働時間の削減や生産性の向上が見込めます。

まとめ

「リミックスクラウド」には、以下の強みがありました。

  • 使いやすさにこだわった営業支援システム。
  • 専任コンサルタントが、導入からPDCAサイクルが定着するまでをしっかりサポート。
  • 他システムとの豊富な連携により、データの一元管理が可能。

販売開始から20年以上の実績があり、様々な企業の営業改革を支援したノウハウが蓄積されています。ご興味を持たれた方は、ぜひ一度ソフトブレーン株式会社までお問い合わせください。